「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

潰瘍性大腸炎とクローン病に関する最新情報を世界各国から集めて、医学専門用語を出来るだけ使わずに皆さんにわかりやすく紹介しています。A blog in Japanese.
by pascor
カテゴリ
タグ
検索
最新の記事
最新のコメント
>>91 草はみさん、い..
by ぴぴ父 at 20:42
匿名さん 早い段階..
by 草はみ at 16:54
dialoguesさん ..
by 草はみ at 16:53
Aさん >アリアケ..
by 草はみ at 16:52
アナログさん >草..
by 草はみ at 16:51
ぴぴ父さん >蜂蜜..
by 草はみ at 16:50
ステロイドを2mgから1..
by dialogues at 21:56
アリアケ菌などありません..
by A at 01:15
草はみさん、プチ再燃との..
by アナログ at 07:14
ぴぴ父さん、すごい体験を..
by アナログ at 23:34
連投失礼します。 ..
by ぴぴ父 at 15:55
会社側は顧問弁護士を使っ..
by ぴぴ父 at 15:33
アナログさん。どーもー。..
by ぴぴ父 at 15:21
ぴぴ父さん、生保の件、安..
by アナログ at 23:06
ぴぴ父さん、大変な経験..
by アナログ at 00:03
アナログさん。どーもです..
by ぴぴ父 at 13:31
あれ!?何故かダブっちゃ..
by アナログ at 01:54
ぴぴ父さん、蜂蜜の中の..
by アナログ at 01:38
ぴぴ父さん、蜂蜜の中の..
by アナログ at 01:38
ハチミツ。私も鬼門です。..
by ぴぴ父 at 21:45
記事ランキング
ライフログ
最新情報リンク

Bel Marra Healthのタグ"Colon And Digestive"
IBD News Today
Science Dailyのタグ"Colitis"
Science Dailyのタグ"Crohn's Disease"
MD Magazineのタグ"Ulcerative Colitis"
Ärzte Zeitungのタグ"Darmentzündungen"
DigestScience
Healio/Gastro./IBD
USAの患者団体CCFA配信のIBD最新情報
ドイツの患者団体DCCV配信のIBD最新情報
フランスの患者団体AFA配信のIBD最新情報
オランダの患者団体CCUVN配信の最新情報
イタリアの患者団体AMICI配信のIBD最新情報

当ページの記事について

当ブログの記事の作成におきましては正確性の確保に細心の注意をはらってはおりますが、内容に誤りがまぎれ込んでしまう可能性を完全には否定できません。内容の誤りによって何らかの損害が生じた場合、当方は皆様に対して責任を取ることは出来ませんので、ご了承ください。医学的内容および薬学的内容につきましては必ず複数の専門家にご確認をなさってください。

また、医学は日進月歩の分野ですので、投稿から年月が経ってしまいますと記事の内容は古くなり、徐々に正確性が損なわれてきます。従いまして、各記事をお読みになる際には、最初に必ず投稿の日付をご確認になってください。

また、医学的内容を解説するにあたって「黒人」「白人」「黄色人種」などの分類名称を使用する事がありますが、これは医学分野では疫学的解明においてどうしてもそのようなデータ分類が必要だからであり、決して人種差別的意味合いを含めてのものではありません。

略語

IBD: 炎症性腸疾患
UC: 潰瘍性大腸炎
CD: クローン病
 (IBD≒UCとCD)
QOL: 日常生活の良好度
ステロイド剤:
   ステロイド系抗炎症剤
ストーマ: 人工肛門

治験の段階について

厚生労働省の認可を目指しての臨床試験(治験)には4つの段階がありまして、基本的に以下のとおりです。

◇第1相(フェイズⅠ)は、少数の健康志願者を対象に、安全性のテストと、体内での薬剤の移動のデータ取りを行う。

◇第2相(フェイズⅡ)は、同意を得た少数の患者を対象に、有効で安全な投薬量、投薬期間、投薬方法などを決定する。

◇第3相(フェイズⅢ)は、同意を得た多数の患者を対象に、「二重しゃへい試験」などによるより厳密な形式でもって、既存薬などと比較しての有効性および安全性をチェックする。一般的にはこの段階が終了した時点で、国へ認可を求める申請がされる。

◇第4相(フェイズⅣ)は、全ての薬に対して必須ではないが、認可された薬について、市販後も何年間か副作用発現などの情報を調査し、まとめる。その結果は厚生労働省に報告される。

草はみプロフィール

♂。40歳代後半。大阪在住。大阪生まれで、たこ焼きソースの産湯につかったコテコテの大阪人。大学生の時に発症。潰瘍性大腸炎だと診断されたのは発症から9年後。その間、無治療で苦しむ。2006年の夏に検査で「抗フソバクテリウム・バリウム抗体」が陽性と出、ATM療法を実施して体調は良好に。しかし、2008年3月に再燃。生薬(しょうやく)の青黛(せいたい)を取り寄せて実験的に使用してみて著効がみられ、再び緩解。2010年1月に再燃。生薬の板藍根を2週間服用。7月に寛解。趣味は水泳など。座右の銘は「塵も積もれば山となる。山も砕けば塵となる」。このブログを人類が潰瘍性大腸炎とクローン病を克服するまで続ける予定。なお、目標達成後はタイトルを『草はみの雑記帳』に変える予定(笑)。

Welcome!

I, Kusahami, an ulcerative colitis patient, collect the latest news articles about Ulcerative Colitis and Crohn’s Disease from various sources written in English, French, German, Italian, Spanish, Portuguese, Dutch, Chinese and Japanese, then digest them into easy-to-read expression without jargon as far as possible, and present them to Japanese patients. I'll continue to pile up my articles on this blog until we humankind overcome UC and CD.


Since Oct. 2005.
All Rights Reserved.
Copyright by
Kusahami.